シングル生活

離婚者は問題ある人?シングル家庭への偏見の実態と対処法【シンママ歴5年が解説】

シンママは問題がある人という目で見られないかな?

偏見を受けるくらいなら、離婚せずにいた方がマシなのかな?

こんにちは。
シンママ歴5年のラーコです。

筆者ラーコは妊娠中からの夫の不倫により離婚しました。

離婚を考えたとき、頭によぎるのが『片親』というものに対しての世間の偏見。
その偏見に怯え、離婚の決心が揺らぐ方もいます。

ラーコ

私も『離婚した人=問題がある人』という世間のレッテルに怯え、離婚がとても不安でした。

夫婦が良好な関係に戻ることはない。
自分と子どもにとっても離婚が最適。

わかってはいても、世間の目は怖いものです。

ひとりで子どもを育てるだけでも不安。
なのに、偏見の対象で見られたらと考えると、耐えられないですよね。

ラーコ

ですが、離婚して5年。
片親への偏見で嫌な思いをしたことは、ほぼありません。

偏見を気にしすぎて離婚をやめていたら、後悔していたと断言できます。

この記事でわかること
  • 片親の偏見にはどのようなものがあるか
  • 世間の離婚への捉え方
  • 自身の偏見への向き合い方

偏見は誰でも怖いものです。
ですがそれが理由で、笑顔のない家庭に縛られ続ける必要はありません。

現実を受け止めた上で、自身のあり方を考えるきっかけになれば幸いです。

片親に対する偏見にはどのようなものがあるか

シングル家庭は、今では珍しいものではありません。
しかし、『離婚した人』『母子家庭』というものにまだ偏見を抱く人もいるのが現実です。

よくある偏見について、解説していきます。

1.離婚した人は性格に難あり

『離婚した人=問題がある人』とのレッテルは根強いです。

私の独身時代、職場の上司(女性)が離婚経験者でした。

その上司の言動を取り上げ、裏で
「ああだから離婚になるのも納得だよね」
という会話を何度か耳にしたことがあります。

わざわざ口にしなくても、自然とそう感じてしまう人も多いです。

ラーコ

偏見を持つ側も、偏見と意識していないことがほとんど。
そこが厄介なのです。

誰かが離婚したと聞くと、
「確かに、あの人こういう部分あるもんね」
という発言もあります。

離婚理由なんて人それぞれ。
他者には分からないこと。

ですが、当たり前に生活する中で些細な言動を取り上げられ、避難されがちです。

  • だからこの人は離婚になったんだ
  • この人は何か問題がある人かもしれない。気をつけて接しよう

ラーコ

独身の方、結婚している方であれば気にならない言動が、『離婚経験者』というだけで『=性格に難あり』と思われるのは悲しすぎます。

2.シングル家庭には問題がある

『シングル家庭は、普通の家庭と違う』
『何か問題があるもの』

そう感じる人もいます。

職場の同僚(男性)の結婚相手は、母子家庭育ちでした。

それを聞いた他の同僚は、裏で
「〇〇さんの結婚相手、母子家庭らしいよ。よく親も認めたね。」
と言っていました。

ラーコ

その会話を私にふってくる同僚も、配慮が足りないなと思いますがね。笑

  • 母子家庭は虐待が多そう
  • 子どもの素行が悪そう
  • あのお家の子とはあまり関わらない方が良い

子どもが学校で何かトラブルがあった時「あそこの親ってシングルらしいよ」と噂になることもあります。

『問題がある家庭だから子どもにも問題があるのだろう』
それは悲しい考えです。

ラーコ

離婚したことは親の決断。
子どもには一切責任がありません。

それなのに偏見の影響が子どもにまで及ぶのは、残念でなりません。

3.シングル家庭を盾に意見を主張する

「母子家庭で仕事休めないからって役員を拒否するんだよ⁉︎母子家庭って迷惑!」

「シングルだからって仕事早くあがるなんて!残って仕事する身にもなれ。」

辛いところです。

実際、大黒柱はひとりです。代わりがいません。
子どもとの生活を守るためにも、必死で働いています。

学校関連で平日の早退が重なったり、そのせいで減給されるとなると、生活ができなくなります。

職場でも個々の状況はお構いなしです。

  • シングルは自分の都合ばかり主張する
  • 給料もらって働いてるのに自覚がない
  • ひとりだけ特別待遇はズルい

他のママさんも働きながら、下の子のお世話しながら、役員やっている。
仕事だって、みんなと同じように当たり前にやりたい。

そんなことは重々理解しています。
だからこそとても心苦しいのです。

ラーコ

幸い私の周りはとても理解があり、苦言を言う人はいません。
ですが他の店舗に勤務する同僚は、店舗内で非難されて苦しんでいます。

『これだからシングルは!自分のことばかり主張して!』

実際そう言われても仕方ない立ち振る舞いをされるシングルの方もいるでしょう。
でも、そんなシングルばかりでもありません。

4.簡単に離婚するなんて子どもが可哀想

離婚には個々人の事情があります。

それでも、

  • 離婚=我慢が足りない
  • 離婚=子どものことを考えていない

そう考える人は一定数います。

確かに、両親揃っている家庭が望ましいのは事実です。

しかし、愛のない家庭で育つ子どもは幸せでしょうか?
シングル家庭で育つことは、会話も笑顔もない家庭で育つことよりも、不幸なことなのでしょうか?

家庭を維持する努力が足りないんだよ。

自分の努力だけでは、どうにもならない家庭もあるのです。

不倫で離婚は忍耐不足?『離婚は自分勝手』マウントで身を滅ぼさない思考法『不倫ごときで離婚するなんて、子どものことを考えていない』そんな人に、心を惑わされる必要はありません。自分と子どもの笑顔を守るため、離婚という選択は間違いではありません。現実を知らない心ない他人の意見には、耳を貸す必要はないのです。...

子どもを守るための離婚なら、それを非難する権利は誰にもないはずです。

5.男性依存している

子どもが保育園の頃、同じクラスに母子家庭の子がいました。

朝、男性がその子を送りに来る日もあり、母子家庭とは全く知りませんでした。
ある時他のママとの会話の中で、知ることとなります。

あそこの家はシングルなんだって。
でも男性とよく一緒にいるから、彼氏だよね〜きっと。子ども大丈夫なのかな?

私は基本、子ども関連の知人にはあまりシングルを公表していません。
知っている人は知っていますが。

その子どもは男性といるときいつも笑顔なのを、私は知っています。
休日たまたまショッピングモールに3人でいるのを見かけた時も、みんな笑顔で楽しそうでした。

ラーコ

シンママが恋愛をしているからといって、男性に依存しているわけではありません。

だから、

  • 子どもより男性ありきの人間
  • 経済的援助のために男性を探している
  • 親の恋愛に巻き込まれる子どもが可哀想

そう勝手に想像されるのは、悲しいことです。
しかし、そう捉える人もいるのが現実です。

そう考える人に限って、他のママや自分の子どもにも、あそこはシングル家庭だとベラベラしゃべるものです。

すると、子どもはさらにキズつきます。

ラーコ

シングルでも恋愛する権利はありますし、新しい家庭を作っても良いのです。

子どもも含めて、笑顔になれる家庭・関係性であるなら、周りがとやかくいうことではありません。

他人の目が気になり離婚が怖い

ラーコ

私自身、上記のような偏見に怯え、離婚を決断するのにはとても勇気がいりました。

これから子どもをひとりで育てていく。

その覚悟だけで、十分勇気のいることです。
育児の悩みを共有できるパートナーがいないことも、とても孤独に感じるもの。

そこに、周囲からシングル批判をされたら…
子どもまで批判の対象になったら…

心が折れてしまいますよね。

ラーコ

私の友人には何人か、母子家庭で育った子がいました。

離婚に不安を抱いていた頃、よくその友人たちの話を聞いていました。

みんな口を揃えて言います。

  • 学校で母子家庭をバカにされたことなんてない
  • 家で寂しい思いはほんの少しだけ。普通に楽しく暮らしてた
  • 親が離婚してるからって自分が他人と違うなんて思ってなかった
  • 母親には感謝してるし、大好きだ
  • 自分の存在が理由で離婚を思い止まられる方が、よっぽど迷惑

他人の目じゃない。
大事なのは笑顔ある家庭にすること。
正解は自分でつくれば良い。
たとえ自分が非難されたとしても、子どもは絶対守る。

離婚の覚悟ができたのです。

シングル歴5年、偏見を実感することはあるか

他人の目は意外と寛容

離婚の覚悟ができても、偏見があるのも事実。
離婚後も不安は尽きませんでした。

  • 些細な言動で問題のある人間と思われないか
  • こんな親で子どもが可哀想と思われないか

不安だからこそ、目の前のことに全力でした。

  • 同僚より早めに帰るなら、勤務中は人一倍仕事をしよう
  • いつも笑顔でいよう
  • 子どもとの時間もちゃんととろう

仕事の時は全力で仕事をし、家庭では子どもに集中しました。
何かを言い訳にして手を抜かない。
そうすれば、一時は偏見で見られても、見ている人は見ているはず。

そんなある時、職場の同僚に言われます。

何があったか知らないけど、どうせ旦那が何かしたんでしょ?
ラーコさんを見てればわかる。堂々と生きれば良いよ。

勤務中でしたが、泣きそうになったのを覚えています。
肩の力が少しだけ抜けたのを実感しました。

偏見を持つ人は存在します。
でも、持たない人も多くいます。

『その人自身に問題があって離婚にいたるわけではない』
それをちゃんと理解している人は多いです。

私自身、離婚して5年。
片親を非難する人にはまだ出会っていませんし、腫れ物に触るような目でも見られていないと感じます。

たまたま周りに優しい人が揃ってただけじゃない?

そうかもしれません。
でも、それで良いんです。

ラーコ

環境をつくるのは自分自身でもあります。

自分が何かに言い訳せず、信じた道を進む。
それでも非難してくる他人からは、距離をおくだけです。

他人は他人にそこまで興味がない

離婚を悩むとき、友人に言われた言葉があります。

他人はそこまで他人に興味ないよ。
離婚だって特別なことじゃない。
特別だと思ってるのは、ラーコ自身じゃない?

ハッとしました。

確かに、離婚は今では特別なものではないのかもしれない。
何か言ってくる他人がいても、それはその人の尺度で言っているだけのこと。自分を心配して言っている言葉ではないだろう。
そんな他人に惑わされ、自分と子どもの幸せを潰してはいけない。
自分は『他人と違う状態』が怖いだけだ。
離婚に偏見を持っているのは、自分自身かもしれない。

ラーコ

離婚した今、周りからは良くも悪くも特別扱いされません。

それが心地よいのです。

まとめ:『離婚=性格に難あり』なんて偏見に惑わされるな

片親へのありがちな偏見
  1. 離婚した人は性格に難あり
  2. シングル家庭には問題がある
  3. シングル家庭を盾に意見を主張する
  4. 簡単に離婚するなんて子どもが可哀想
  5. 男性依存している

偏見を気にするなと言われても難しいでしょう。
実際に偏見の対象で見られると、心が折れてしまうもの。

しかし、他人の目を気にするあまり、適切な選択ができないことの方が問題です。

他人は、あなたが思っているほど、他人に興味がありません。
そんな他人の心ない意見で、自分も子どもも笑顔のない家庭に縛っておくことは、あってはなりません。

ラーコ

環境は自分でつくるもの。
守るべきものを守るために、芯を強く持つ。

そうすれば、あなたの選択は間違いにはなりません。

見ている人は、必ずいます。